30歳でプー太郎

30歳でプー太郎

旅することと食べることが大好き。「やりたいこと全部やってから死にたい!」というのが人生のテーマ。【自分で自分の仕事をつくる】という生き方を選択したばかり。新卒から約8年間働いた会社を退職し、30歳でプー太郎に。やりたいことをドンドンやって、その過程をドンドン発信していけたらと思っています。

SPONSORED

ホウレンソウが苦手な個人プレーヤーは起業向き!?

どーもこんにちは。30歳でプー太郎のショウ子(@showco_pu)です。自分の予算は達成しているけれどチームの予算が達成できていない月末。夜遅くまで会社に残っていて思ったことを。プー太郎(時と場合によってはニートまたはフリーランス)になりたいと思った、根底にある気持ち。

二人分頑張ってもお給料は2倍にはならない

自分の予算は達成させられる自信ある。実際この1年間は毎月達成できた。でもチームの予算は自分だけではどうにもならない。

自分の予算を達成しつつ、チームメンバーの予算を手伝おうと思うと、二人分、三人分の働きをしなければならない。指導するにも自分一人以上の時間はかかる。

それでチーム予算を達成したところで、チームを管理している分の役職手当がもらえるだけで、お給料が二人分、三人分になるわけじゃない。

他人のために頑張れない

それに、自分のことには一生懸命になれるけど、やっぱり他人のことに一生懸命になれない。例えそれが評価に繋がったとしても。

自分のために頑張って、頑張った分自分に見返りがあるという、自分次第の環境で頑張りたい。

一人になれば苦手な作業に費やす時間はなくなる

自分一人となれば、得意なこと、好きなことだけをやってても文句は言われない。私が苦手なホウレンソウのための日報、商談履歴、経緯報告書、朝礼夕礼、会議、共有ミーティングなどなどなど…!に費やす時間はなくなる。その分、得意なこと、好きなことに費やせる時間が増える。

得意なこと、好きなことに本気で時間を費やす方が効率的じゃない?

得意なこと、好きなことだけやってお金を稼げるかどうかは分からない。すぐには無理かもしれない。でも、毎日終電近くまで苦手なことも嫌なことも含めてやっていることを考えたら、同じだけの時間を得意なこと、好きなことに費やせばもっと効率良いんじゃない?と思っちゃう。

本気で時間を使えば一人分のお給料くらいには出来そうな気がする。そして一人分のお給料にできたら、二人分、三人分のお給料にすることはそんなに難しくなさそうに思える。

 

やっぱり私は甘いのかな。でもまあ、やってみっか。

 

 

▼これを書いた人【ショウ子】のプロフィール

show-co.hatenablog.com

▼フォローお願いします!

Twitter:@showco_pu

Instagram:@showcom

YouTube:showcoの女子的冒険LIFE