30歳でプー太郎

30歳でプー太郎

旅することと食べることが大好き。「やりたいこと全部やってから死にたい!」というのが人生のテーマ。【自分で自分の仕事をつくる】という生き方を選択したばかり。新卒から約8年間働いた会社を退職し、30歳でプー太郎に。やりたいことをドンドンやって、その過程をドンドン発信していけたらと思っています。

SPONSORED

やったことないけど「出来ます!」と言ってから考える。ハッタリ的ブレストのすすめ。

どーもこんにちは。30歳でプー太郎のショウ子(@showco_pu)です。

以前、どこかでこんなことを聞いたことがあります。

リクルートの営業マンは、やったことのない仕事でも「こんなこと出来る?」と依頼が来たら、「出来ます!」と、とりあえず引き受ける。

それから、必死で調べたり走り回ったりして、本当に出来上げちゃうらしい。

退職後、色んなことに挑戦したいけど、目先の収入源にしていきたいなあ、と思っているのは、エステやリラクゼーションサロンを対象にしたマーケティング&プロモーションスクール。

でも、なーんにも準備してない!構想はボヤーっとあるけど、授業内容も、場所も、宣伝方法も未着手!

 

でも、今の仕事で、取引先に退職することを報告したら、必ず「辞めて何するの?」と聞かれる。まさか「プー太郎になるんです」なんてことは言えず、「マーケティングやプロモーションのスクール業を専門にしていきます!」と明言してる。

「どんなスクール?」「どういう形態で?」色々質問される度に、ボヤーっと描いてるイメージの中から切り取って、あたかもしっかりとした計画があるかのように答える。

今日は、「スクール業をやる上で、あなたの強みって何?」「スクール業の中で、1番最初に生徒さんに教える重要なことって何?」と、かなり突っ込んだ質問が来た。授業内容やカリキュラムなんてぜーんぜん考えてなかったけど、「まだ考えてません」とは言えず、頭の中からそれらしいことを抜き取って言葉にしていったら…カリキュラム出来上がっちゃった!はっきりと授業の流れが頭の中に描けてしまった。

 

まだ、退職後の展望を5,6回しか口に出して言ってないけど、言う度にどんどん自分の中で明確なイメージに仕上がっていく。

机に向かって、スクールの形態はどうしようか、カリキュラムや授業内容はどうしようかと考えるよりも、ハッタリかましてテキトーなこと言った方が、潜在的な考えが降りてきて、現実味帯びたアイデアになる。これってブレストに近いのかな?一人よがりなハッタリ的ブレスト。おすすめです。

f:id:show-co:20160701223722j:image

 

▼これを書いた人【ショウ子】のプロフィール

show-co.hatenablog.com

▼フォローお願いします!

Twitter@showco_pu

Instagram@showcom

YouTubeshowcoの女子的冒険LIFE