30歳でプー太郎

30歳でプー太郎

旅することと食べることが大好き。「やりたいこと全部やってから死にたい!」というのが人生のテーマ。【自分で自分の仕事をつくる】という生き方を選択したばかり。新卒から約8年間働いた会社を退職し、30歳でプー太郎に。やりたいことをドンドンやって、その過程をドンドン発信していけたらと思っています。

SPONSORED

クロアチア国内での【おすすめ移動ルート】と【バスの時刻表&料金】

どーもこんにちは。ショウ子(@showco_pu)と申します。

しばらく、クロアチア&スロベニアの旅行記、旅行情報が続きます。今回は、私が旅した実際のルート及び移動手段について。前回、バス移動のコツと注意点についてもまとめたので、併せてそちらもどうぞ!

 ▼クロアチア&スロベニアのバス移動の【コツ】と【注意点】まとめ

show-co.hatenablog.com

クロアチア&スロベニア旅行の行程

①日目 出国(機内泊)

②日目 ザグレブ→ドゥブロブニク

③日目 ドゥブロブニク

④日目 ドゥブロブニク→モスタル→ドゥブロブニク

⑤日目 ドゥブロブニク→スプリット

⑥日目 スプリット→ザグレブ→プリトゥヴィツェ湖国立公園→ザグレブ

⑦日目 ザグレブ→リュブリャナ→シュコフヤロカ→リュブリャナ

⑧日目 リュブリャナ→ポストイナ→リュブリャナ

⑨日目 リュブリャナ→ブレッド湖→リュブリャナ

⑩日目 リュブリャナ→ザグレブ(機内泊)

⑪日目 帰国

Google mapでのマイルートマップ表示はこちら 

クロアチアは、縦に長い国なので、ザグレブから南下していくルートか、ドゥブロブニクから北上していくルートになります。私は後者の北上ルートで旅しました。 

★ザグレブの空港バス

ザグレブの空港から、街の中心地(ザグレブの中央バスターミナル)までは空港バスで約30分です。(空いている時は25分くらいで、混んでいると40分くらいかかりました)

空港からの時刻表はなく、30分に1本運行しているようでした。(地球の歩き方には「7:00〜20:00の1時間に1〜2便、それ以外の時間帯は到着便に合わせて運行」と記載がありました)

ユーロでの支払いもOK!お釣りももらえます!

クロアチの通貨「クーナ」がなくても、ユーロの使用が可能です。運賃は、バスに乗り込んでから回収されました。30クーナまたは5ユーロです。私は、細かいユーロを持っていなくて、20ユーロ紙幣で支払ったのですが、ちゃんとお釣りももらえました。100ユーロくらいの大きな紙幣でも、どうにかしてくれそうな感じがします(たぶん)。

ただ、日本円しか持ち合わせがない場合は、レートは良くないですが、空港内の両替所で両替するしかないかと思います。(両替所の営業時間 7:00〜21:00・無休)

ザクレブ中央バスターミナルから空港へのバス時刻表

地球の歩き方には「4:30もしくは5:00〜20:00の30分ごとに1便運行、その他国内便の90分前、国際便の120分前にも出発する」と記載されてありました。

私が旅した、9月中旬時の時刻表はこんな感じでした。

f:id:show-co:20161110151458j:plain

★ザグレブ→ドゥブロブニクの移動

私は、所要時間1時間5分という手軽さから、飛行機で移動しました。事前にクロアチア航空の片道航空券を購入していました。9月10日のフライトで、一人491クーナ(約7,500円)でした。

長距離バスという選択肢もあるのですが、バスだと8時間〜13時間かかります。所要時間の観点から、飛行機にしたのですが、寝ている間に移動できる夜行バスという手段ならありかな、と思います。

【飛行機での移動】クロアチア航空の座席の種類と違い

航空券の予約、クロアチア航空のオフィシャルサイトから簡単にできました。

右上にある言語選択を英語にして見てください。「Book a ticket」のタブに、出発地(ZAGREB)と目的地(DUBROVBIK)、日付を入れて検索すれば、料金が見れます。※round-tripは往復で、one-wayは片道です。

クロアチア航空のチケットには4種類あります。シートの広さなど、座席の仕様はどのチケットでも同じなのですが、キャンセル料と変更手数料に違いがあります。

1番安い「Fly Promo」と「Fly Opti」はフライトのキャンセルは一切できません。便を変更するには100クーナの手数料がかかります。(余談ですが、実は私、誤った日程のチケット購入してしまったのですが、その日のうちにすぐメールをしたら無料でキャンセルしてくれました。また別記事にしたいと思いますが、そういうことがあった際には、一度ダメ元で言ってみる価値はあると思います。)

真ん中のクラスの「Fly Flexi」は、190クーナを支払えばフライトのキャンセルが可能です(チケット代から190クーナ引いた差額を返金してもらえる)。便の変更するには、こちらも100クーナの手数料が必要です。

最上位クラスの「Fly Advanced」は、キャンセル時にも便の変更時にも手数料はかかりません。ちなみに、「Fly Advanced」はいわゆるビジネスクラス扱いで、搭乗案内を優先してもらえたり、ビジネスクラス用のチェックインカウンターを利用できたり、機内でお水の提供を受けれたりします。でも、小型飛行機のチェックイン&搭乗で、短時間のフライトなので、ハッキリ言って必要ないと思います。

キャンセルする可能性がない限り、最も安い「Fly Promo」の購入をお勧めします。

f:id:show-co:20161110162842j:plain

ちなみに、国内線なのでかなり機体は小さく、乗れる人数にも少ないです。チケットは、1番安い「Fly Promo」から売れていくので、なるべく早めに購入することをお勧めします。

【長距離バスでの移動】夜行バスなら飛行機より時間を節約できるかも!?

私は飛行機移動を選択しましたが、フライトの乗り継ぎを考慮すると、少し時間がもったいない感じもしました。

私のフライトスケジュールは、日本からトルコ航空イスタンブール乗り換えで、08:35ザグレブ着でした。ザグレブ発ドゥブロブニク行きのクロアチア航空は14:15の便だったので、約6時間ほど空いてしまったんですよね。

それであれば、日中はザグレブ観光をして、夜にザグレブを出て翌朝ドゥブロブニクに着く夜行バスなら、時間を有効活用できたかもしれません。

夜の22:30ザグレブ発→翌朝の8:00ドゥブロブニク着のバスが231クーナ(約3,500円)なので、この選択肢もありだな、と思います。

ザグレブ→ドゥブロブニクのバス時刻表&料金検索

※「ZAGREB」と「DUBROVNIK」と入力してください。

↑検索結果の見方などは、一つ前の記事で紹介しています。

★ドゥブロブニクの空港バス

ドゥブロブニクの空港から、旧市街や長距離バスターミナルまでは約25kmほど離れているので、空港バスで中心地まで移動することになります。基本的に、主要路線の到着に合わせて運行しているようですが、本数が少ないので乗り逃さないよう要注意です。

私は、ザグレブからの国内線という王道ルートだったので、特に調べないで行きましたが、利用者が少ない路線でドゥブロブニク入りする方は、念のため調べておいたほうが良いかもしれません。

また、主要路線でドゥブロブニク空港到着した方でも、到着後にモタモタしていると乗り遅れる可能性もありますので注意してください。

ドゥブロブニクの空港から旧市街&長距離バスターミナルへの時刻表

空港バスは、ドゥブロブニク内のツアーを運営しているツアー会社(ATLAS)のシャトルバスと、ドゥブロブニク内のバスを運行しているバス会社(LIBERTAS DUBROVNIK)のバスとがあるようです。(この辺曖昧です…)

どちらも、旧市街経由で長距離バスターミナルまでの運行です。ピレ門は降りる方が多いので分かりやすいかと思いますが、それよりも手前で降りたい方は、事前に運転手さんんに伝えておくのが良いと思います。

<ATLASの空港シャトルバス>

毎日時刻表が変わります。ATLASのホームページで確認してください。1番下に「Airport Shuttle Bus Timetable」とあり、今日と翌日の時刻表が出ています。

私は、空港到着後、停車していたバスがATLASのバスだったので、こちらを利用しました。空港出口付近にある、ATLASのブースでチケットを購入して乗り込みます。片道40クーナ、往復70クーナです。また、ユーロでの支払いもできるようで、片道6ユーロ、往復10ユーロです。

<LIBERTAS DUBROVNIKの空港バス>

ドゥブロブニクの広範囲を運行しているバス路線のうち、11、27、38番の路線が空港を経由しているようです。毎日定刻ですが、平日と土曜日で時刻が異なること、日曜日は運行していないので注意です。

また、料金はこちらの方が安く、28クーナです。

最新情報はLIBERTAS DUBROVNIKのホームページで確認してください。1番下の左側に「Lines for airport」というボタンがありますので、そこを押すと、PDFファイルが出てきます。 

★ドゥブロブニク→モスタルの移動

結論から言うと、私は現地ツアーに申し込みました。

日本でバスの時刻を調べている時に、日帰りできる往復バスを見つけられなかったのです。

【長距離バスでの移動】日帰りだとモスタル滞在時間45分!?

地球の歩き方によると、1日3便運行しているという記載があるので、下記2つのバス会社の3便で合ってると思います。(確実ではありません…)

<CROATIA BUSというバス会社>

ドゥブロブニク→モスタルのバス時刻表&料金

モスタル→ドゥブロブニクのバス時刻表&料金

<autotransというバス会社>

ドゥブロブニク→モスタルのバス時刻表&料金

モスタル→ドゥブロブニクのバス時刻表&料金

2016年11月11日の2つのバス会社の検索結果を合わせるとこんな感じ。

▼ドゥブロブニク→モスタル

8:00、16:00、17:15の3便。

▼モスタル→ドゥブロブニク

7:00、10:15、12:30の3便。

この時刻表で日帰りしようと思うと、朝8:00の便に乗って、11:45に到着。でも帰りの最終バスが12:30だから、モスタルの滞在時間は45分だけ!という、すごいスケジュールになちゃうんです。

私が旅した夏期の時刻表でも、日帰りするには厳しいタイムテーブルだった気がします(すみません、記憶が曖昧です)。なので、私は、現地ツアーという選択をしました。

【現地ツアー】日本からネットで申し込んでおくと安い!

ドゥブロブニクの旧市街には、現地ツアー会社も多く、ピレ門周辺ではツアーの客引きも多く見かけました。現地に行ってから手配することも可能ですが、おそらく高いと思われます。(たぶん…)

私は、Adriatic exploreというツアー会社のホームページから、モスタルの日帰りツアーを予約しました。一人324クーナ(約5,000円)でした。途中、オスマントルコ時代の建物が残るポチテリという村に寄り道をして、モスタルでの滞在時間は約2時間半でした。

おおよそのスケジュールはこんな感じ。

07:55 ドゥブロブニク発

11:40 ポチテリ村着

12:00 ポチテリ村発

13:00 モスタル着

15:30 モスタル発

18:30 ドゥブロブニク着

ネットで申し込む時に、ピックアップ希望の場所を入力するのですが、ピックアップの場所と集合時間一覧はこの表から見られます。(リンク先は2016年のものです)

ピレ門から1番近い集合場所は、「H. Hilton garage」で、ヒルトンホテルの駐車場の入り口前が集合場所です。

 ★ドゥブロブニク→スプリットの移動

ドゥブロブニクからスプリットまでは、長距離バスで約4〜5時間です。飛行機は、夏期限定で週に1便だけとのことですので、ほとんどの方が長距離バスでの移動を選択されるのではないでしょうか。

【長距離バスでの移動】夜行はないので早朝の便が効率的

ドゥブロブニクからスプリットへのバスは、かなりの本数が出ています。しかし、所要時間が4〜5時間なので、夜中に出て朝に着くという「夜行」の便はありません。効率的に動こうと思うのであれば、早朝の便で出発して、午前中のうちにスプリットに着くのが良いかと思います。…と言いつつも、私は、8:00ドゥブロブニク発11:45スプリット着の便にしました。(1番早い便は6:00ドゥブロブニク発、10:30スプリット着)

ドゥブロブニク→スプリットのバス時刻表&料金検索

※「DUBROVNIK」と「SPLIT」と入力してください。

【ドゥブロブニクの市内ローカルバス】長距離バスターミナルまでの移動

ここで一つ注意しておかなければならないのが、ドゥブロブニクの長距離バスターミナルは、旧市街から離れた場所にあるということ。ピレ門から3.3kmも離れています。

f:id:show-co:20161114161246j:plain

長距離バスターミナルへは、ピレ門から市内バスが出ています。もちろん、ピレ門以外からも乗車できます。市内バスのルートマップはこちら!

ドゥブロブニクの市内ローカルバスルートマップ

地球の歩き方の市内バス路線図では、長距離バスターミナルに乗り入れているのは、1A、1B、7とあったのですが、8番のバスでも行けました!(上記のマップでは8番も乗り入れてますね)というのも、時刻表の時間を過ぎても、なかなか1Aと1Bのバスが来ず、なぜか頻繁に来る8番のバスの運転手さんに聞いてみたら、長距離バスターミナルまで行くということだったのです。その時の時刻表はこんな感じでした。

f:id:show-co:20161112174716j:plain

上記は、2016年の9月時点での時刻表なので、最新の情報は下記URLからご覧ください。路線名のボタンを押すと、時刻表(始発のバス停の時間のみ)と停車するバス停がわかります。

ドゥブロブニクの市内ローカルバス時刻表&バス停ルート

★スプリット→プリトゥヴィツェ湖国立公園の移動

スプリットから直接プリトゥヴィツェへ行くバスもありますが、私は一旦ザグレブに行き、ザグレブからプリトゥヴィツェへ向かいました。

スプリット→プリトゥヴィツェのバス時刻表&料金検索

理由は大きく2つです。

・スーツケースを持っての移動になること

・行きはスプリット発だが帰りはザグレブ着にしたいこと

スーツケースを持ったまま、スプリット→プリトゥヴィツェ→ザグレブというルートも無理ではないと思うのですが、プリトゥヴィツェで荷物を預けられるかどうが分からなかったことと、プリトゥヴィツェ→ザグレブのバスのチケットは、おそらくぶっつけ乗車時購入しなければならないだろうことから、このルートは諦めました。

そこで、私が選択したルートは、スプリット→ザグレブ間を飛行機で移動し、ザグレブ→プリトゥヴィツェ→ザグレブの日帰り移動です。プリトゥヴィツェでの滞在時間が短くなるかな?と思いましたが、5時間ほど滞在でき、予定通りのコースでハイキングできました。ちなみに私のタイムスケジュールはこんな感じです。

06:15 スプリット発(クロアチア航空)

07:00 ザグレブ着

↓ 空港バスで長距離バスターミナルへ(ホテルに寄って荷物を預けました)

09:15 ザグレブ発(長距離バス)

11:30 プリトゥヴィツェ着

17:16 プリトゥヴィツェ発

19:50 ザグレブ着

スプリット→ザグレブの片道航空券は、クロアチア航空で377クーナ(約5,800円)でした。

★スプリットの空港バス

地球の歩き方には、「近郊バスの37番は、平日の20分に1便、土日は30分に1便の運行で、空港と近郊バスターミナルを結んでいる」と書かれてあったのですが、その近郊バスターミナルの場所が、地図を見ても、地元の人に聞いても分からずでした。

長距離バスターミナルにAIRPORT SHUTTLE BUSと書かれた看板があったので、フライトの前日、チケット売り場で6:15のフライトに間に合うバスの便があるか聞くと、5:00のバスで大丈夫とのことだったので、長距離バスターミナルから出発する空港シャトルバスで向かいました。

ちなみに、朝の4:30頃に長距離バスターミナルに行きましたが、その時間でもチケット売場は開いていました。当日にチケットを購入しましたが、無事買えました。

f:id:show-co:20161115010751j:plain

★スプリット→ザグレブの移動

前述の通り、5:00の空港バスでスプリットの空港に向かい、6:15発フライトでザグレブへ行きました。国内線といえど、こんなカツカツな感じで大丈夫か!?とハラハラしたので、そのタイムスケジュールを書いておこうと思います。

05:00 スプリット長距離バスターミナル発

↓ 空港バス

05:25 スプリット空港着

05:30 チェックイン

05:50 搭乗開始

06:15 フライト

f:id:show-co:20161115131558j:plain

正直、5:00の空港バスで大丈夫と言われた時は若干疑っていましたが、スプリットの空港はかなり小さいので、このスケジュール感が普通のようでした。

写真のチェックインカウンターの横に保安検査場があって、チェックインカウンターの裏が搭乗口になっている、そんなくらいの規模です。

★ザグレブ→プリトゥヴィツェ湖国立公園の移動

ザグレブ→プリトゥヴィツェのバス時刻表&料金検索

※「ZAGREB」と「PLITVIČKA JEZERA」と入力してください。

【注意】「エントランス1」で下車したい場合は事前に伝えるべし

私が乗ったバスだけかもしれませんが、エントランス1では停車せず、エントランス2のみで停車しました。(ちなみにAUTOPROMETという会社が運行するバスでした)

山の1本道なので、どのバスもエントランス1を通ってエントランス2に到着すると思います。もし、エントランス1で下車したい場合は、あらかじめ運転手さんに伝えておいたほうが良いかもしれません。

【注意】帰りは「エントランス2」から乗車すべし

前の記事でも注意点として紹介しましたが、クロアチアのバスは、チケットを持っていなくても、直接運転手から購入して乗車することも可能です。

帰りのバスは、山を下ってくるので、先にエントランス2に停車し、その次にエントラス1に停車します。上記のように、直接購入で乗車するお客さんで、バスが満席になってしまうと、エントランス1に停車せずに過ぎ去ってしまうことがあるそうなのです。

特に夏の繁忙期は、混み合うことが予想されるので、先に停車するエントランス2から乗車する方が、乗りっぱぐれの可能性が低くなります。

【注意】「エントランス2」からの乗車時は時間に余裕を持って!

帰りは、エントランス2からの乗車が良いと勧めましたが、エントランス2は、バス停&チケット売場からハイキングコース(ST2やP1)まで、かなりの距離があります。

私は、所要時間を見誤って、危うくバスに乗り遅れそうになったので、エントランス2から、帰りのバスに乗車する際は、時間に余裕を持って公園を出ることをお勧めします。

ちなみに私は、道に迷ってしまい、おそらく遠回りをしました。必死の早歩きで、公園出口からエントランス2に辿り着くまで、40〜50分かかりました。

【注意】プリトゥヴィツェ湖国立公園のバスは遅延しがち

前回の記事では、クロアチア国内のバスは、発車時刻に関してかなり正確だとお伝えしましたが、プリトゥヴィツェだけは例外でした。行きは、予定到着時刻より30分ほど遅れて到着し、帰りのバスは、発車時刻を45分ほど過ぎて現れました。

これは、プリトゥヴィツェ湖国立公園が始発のバス停ではなく、色々経由してからバスが到着するということや、観光地のため乗車に時間がかかること、山の1本道なので、遅延しやすいということが挙げられると思います。

ダイヤが乱れた状態で、違うバス会社のバスが何便か来たので、その都度バスチケットを見せて、「私、これ?」と運転手さんに確認しました。

実は、公園出口からエントランス2まで迷ってしまった私は、バスの発車時刻と同時にバス停に着きましたが、バスが遅れてくれたおかげで乗り逃すことなく帰れたのです。ただ、早く到着して、出発時刻まで待たずに発車してしまう場合もあるそうなので、やはり、時間に余裕を持ってバス停で待機した方が良さそうです。

★ザグレブ→リュブリャナの移動

地球の歩き方には、鉄道は1日4便、バスは週4便と書いてあったのですが、バスの本数の方が断然多いです!!1日に何便もあります!!ネットで調べると、隣国スロベニアへの移動も、鉄道よりバスが主流のようです。

ザグレブ→リュブリャナの長距離バス時刻表&料金検索

※「ZAGREB」と「LJUBLJANA」と入力してください。

【注意】便によって価格差があるので注意!

ザグレブ・リュブリャナ間は、便によってかなり価格差があります。2016年11月16日のチケットを検索してみましたが、1番安い便で40クーナ(約620円)、1番高い便で129クーナ(約2,000円)でした。

私は、行きはクロアチアのバス会社、帰りはスロベニアのバス会社を利用したので、往復割引適用できませんでした。(往復割引についてはこちら)行きは87クーナ、帰りは10.5ユーロでした。私の場合は、チケット売り場の方が「この便は高いけど、それでもいい?次の便だったらもう少し安いわよ」と聞いてくれて、18ユーロの便から10.5ユーロの便にしました。

平均価格は80〜90クーナ、または10〜12ユーロくらいなんだと思います。

【注意】出国&入国審査があるのでパスポートは要携帯!

クロアチアからスロベニアへ入ることになるので、パスポートが必要です。必ず、パスポートは手荷物に入れておきましょう。

f:id:show-co:20161115174935j:plain

パスポートチェックは、一旦バスから降りて、出国・入国の審査を受けます。この出国・入国審査のため、バスが列をなして渋滞になっていました。そのため、リュブリャナの到着が40分ほど遅れました。(スロベニアからクロアチアへ戻るバスでは、渋滞することもなく、到着時刻に遅れもなかったので、タイミングなんだと思います)ちゃんと、パスポートスタンプも押してもらえます!

f:id:show-co:20161115175435j:plain

車(バス)で入国したから、車のスタンプなんですね!「HR」がクロアチアの出国スタンプで、「SI」がスロベニアへの入国スタンプです。こういうの、何気に嬉しい。

 

ここまでが、クロアチア国内での移動です。スロベニア国内での移動ルートについては、次の記事で紹介したいと思います。

▼クロアチア旅行に関する記事一覧

旅する三十路【旅行記・旅のヒント】-クロアチア カテゴリーの記事一覧 - 30歳でプー太郎 

▼これを書いた人【ショウ子】のプロフィール

show-co.hatenablog.com

▼フォローお願いします!

Twitter:@showco_pu

Instagram:@showcom

YouTube:showcoの女子的冒険LIFE