30歳でプー太郎

30歳でプー太郎

旅することと食べることが大好き。「やりたいこと全部やってから死にたい!」というのが人生のテーマ。【自分で自分の仕事をつくる】という生き方を選択したばかり。新卒から約8年間働いた会社を退職し、30歳でプー太郎に。やりたいことをドンドンやって、その過程をドンドン発信していけたらと思っています。

SPONSORED

誰もやってない仕事なんだから名前がなくて当たり前。ない仕事をつくるんだ。

どーもこんにちは。30歳でプー太郎のショウ子(@showco_pu)です。昨日は退職した会社の人とサシ飲みしてきました。私のキラキラを語るはずが、逆にキラキラを頂いたので、忘れないうちに記したいと思います。

f:id:show-co:20160823025606j:image

まだ誰もやってないことは一言で説明できなくて当たり前

先日の記事で、「辞めて、次何するの?」と聞かれると、正直答えにくい…と書きました。

「生き方」を変えたくて会社を辞めた - 30歳でプー太郎

今日も同じ質問をされたのですが、サシ飲みということもあって、「とりあえずセミナー業」のその先のことも話しました。興味のある分野で「発信すること」を仕事にしていきたいと。

 

例えば、

ワインが好きだから、ワインのワークショップしたり、オウンドメディアでワイン番組作ってみたり、ワインをベースにした旅をプランニングしてみたり。

ご当地の食材や郷土料理が好きだから、各地のお母さんやおばあちゃんに郷土料理を習うairbnb的ネットワークをつくったり、地魚や地野菜の旬に合わせた旅をプランニングしてみたり。

住んでいる地域(神戸市須磨区)のことをもっと知りたいから、須磨で詠まれた和歌だけを集めた百人一首をブランディングして売り出してみたり、須磨のオシャレな地域メディアつくってみたり。

そんなことをしてみたいけど、ジャンルはバラバラで統一性ないし、一言で答えられないから、聞かれる度にちょっと自信をなくすんだと言ったら、「だって、まだ誰もやってないことやるんだもん。一言で説明できなくて当たり前だと思うよ。まだ職種名がないだけで、10年後にはソレを指す新しい職種名ができてるかもしれないし」と言ってくださいました。うおー!一気に自信を持てた!そうだ。まだ誰もやってないことをやるからお金になるかもと思ってるんだった!(誰かがやっていたとしても、まだその仕事がメジャーじゃないうちにやることに意味がある)

みうらじゅんさんの本読んで、ない仕事も自分がスタンダードにすればいいんだ!と感銘を受けたんだった!

 

2016年もあと4ヶ月!

2016年、キラキラしていくぞー!

▼これを書いた人【ショウ子】のプロフィール

show-co.hatenablog.com

▼フォローお願いします!

Twitter:@showco_pu

Instagram:@showcom

YouTube:showcoの女子的冒険LIFE