30歳でプー太郎

30歳でプー太郎

旅することと食べることが大好き。「やりたいこと全部やってから死にたい!」というのが人生のテーマ。【自分で自分の仕事をつくる】という生き方を選択したばかり。新卒から約8年間働いた会社を退職し、30歳でプー太郎に。やりたいことをドンドンやって、その過程をドンドン発信していけたらと思っています。

SPONSORED

女性が独立起業したら結婚が遠のく!?

どーもこんにちは。30歳でプー太郎のショウ子(@showco_pu)です。

「自分の得意な分野で独立する!」と新卒から8年間学んだ職場を30歳で退職してフリーランスになる。と言ったら、「ますます結婚が遠のくね」と言われるので、私の結婚観について書いてみようと思います。

f:id:show-co:20160824020602j:image

私の彼氏いない歴ナメんなよ

「ますます遠のくね」と言われているように、私にとって結婚はすでに遠いのです…笑。彼氏いない歴◯年のくせに積極的にコンパや婚活など出会いを求めにいっておらず、男性と二人でデートやご飯なんてことはトンとしておりません!!(←なぜ威張る)

まあ、努力していないことが大きな理由であることは明らかなのですが。でも20代の約半分を彼氏なしで過ごしているなんて…。

会社員続けてたら彼氏できたの?

そうなんです。安定した収入の会社員生活でも、彼氏ができなかったんです。このまま安定した収入の会社員だったとしても彼氏ができる気配はなし!でもそれってね、会社員だったからこそ、彼氏ができない状況になってたんじゃないかと思うんですよ。注:ここでは私の容姿や性格については横に置かせていただきますね。(置くな置くな!笑)

まず、やっぱり1番の要因は出会いの場に行ってなかったことだと思うんですよ。ここ数年、自分の予定の入れ方に変化がありました。やっぱり若い時は、平日でも飲みに誘われたら仕事終わりに無茶するし、飲みの場で広がる出会いもありました。飲みの予定を入れる動機も、あのお店に行ってみたいとか、今度飲もー!とか、今日ヒマー?とか、かなりラフでした。

でもそれが20代も終盤に差し掛かると、仕事量が増えて会社を出る時間も遅くなったのと、「家でゆっくりしたい」という体力的&精神的な問題で、出来る限り飲みに行きたくなかったんです。なので、自分から飲みに誘うことが全くなくなりました。ええ、全くです。

土日も同じくです。昔はスケジュール帳の空欄を減らそうとばかりに自ら計画を立てては遊びに誘っていました。予定が詰まっていることがステータスでした。

でも今は、土日共に予定が入っていると「ああ、今週はハードだなあ」と思うようになりました。だから、誘われた時も、自分が本当に行きたいかどうかを見極めてから返事をするようになりました。予定が空いているのに誘いを断るなんて、以前では考えられなかったのに、予定の取捨選択をするようになりました。

こうなると、そりゃコンパや婚活になんて行かなくなりますよね。ましてや普通の飲みの場さえも激減するので、彼氏欲しいとか言いながらどこで出会う気だ!って感じです。

でも、この出不精現象は、私が会社員である限り、ますます拍車をかけていったに違いありません。だから会社員だったとしても、彼氏はできないままだったと思います。

会社員生活で出不精になる理由

平日休日共に「家でゆっくりしたい」というのには、体力&精神的問題でもあるものの、もう一つ理由がありました。それは、自分への自己投資の時間を確保したかったからです。

新卒入社当時から、独立志向のあるタイプで、いずれは自分の核を見つけて、自分でナリワイを作るんだと思っていました。ここ数年は「自分の核探し」に必死でした。(結局、核は探しても見つからない。やっていく中で気付いていくもんだ、と思って、核が見つかっていないうちに退職したんですけどね)

平日は早く家でゆっくり本を読みたかったし、土日もブログを書いてみたり、動画を編集してみたり、ワインを勉強してみたり、旅のプランニングしてみたりと、自分のことで大忙しだったんです。

これは、会社員続けている限り仕事以外の時間でやらなきゃいけない。恋活&婚活も、もちろん仕事以外の時間でやらなきゃいけない。でも、私の中でのプライベートの時間の優先順位は「生き方を変えること・働き方を変えること」だったので、恋は後回しになっていったんです。

結婚の条件は「自己投資の時間を認めてくれる人」

 仮に、会社員をやりながら、運良く出会いの場に恵まれ、恋をしたとします。私も30歳。もちろん相手の方との結婚を考えます。ふわんふわんふわん〜(←妄想の効果音)

うん、あなたとの結婚、したい。でも、でもね?結婚もしたいけど、私、「自分でナリワイをつくる」ということも優先したいの…。ううん、結婚したくないわけじゃないの。むしろ結婚はしたいの。

…でも、今の会社で会社員として働きながら、平日の帰宅後は勉強したいし、土日も自分の時間に充てたいの。今までは、それがたまにのデートだったから上手くいってたけど、毎日一緒に暮らして、妻としての役割を求められると、とてもじゃないけど時間が足りなくなると思うの。

会社、家事、ナリワイづくり、3つは両立できないから、会社か家事、諦めてもいい?つまり、会社を諦めるとしたら、あなたの稼ぎで生活させてほしい。家事を諦めるとしたら、共働きだけど主夫も担ってほしい。もちろん、ずっとっていうことではないの。私のナリワイづくりが上手くいけば、会社は手放せるようになるから、その時は私も収入を得られながら主婦できるよ♪

どうですか?無理でしょ?例え彼氏が出来たとしても、これじゃあ結婚できないでしょ。朝から晩まで会社員として働きながら、独立志向があって、それに時間を費やしたい限り、私に結婚が務まる気がしなかった。

でも「会社」「家事」「ナリワイづくり」の3つのうち、初めから「会社」がなくて、2つであれば、まだ務まる気がするんです。それに、会社を辞めたことで「ナリワイづくり」のスピードが上がって、「ナリワイづくり」から本当に「生業」になれば、自己投資が成功した状態で出会えるんです。いやあ、これは結婚するためにも早く「ナリワイづくり」を成功させねば。

出会いの数も増えるし、相性の良い人の確率も上がる

これは私の勝手な予想です。実証できていません。しかし確信しています。ニヤリ。

会社の中で限られた人と働いていた環境から、自分でテリトリーを広げていかなければならない仕事環境になれば、必然と出会いの数は増えますよね。(自宅でブログだけ書くような仕事だとダメですが…)自分が仕事として外に飛び出せば、出会いは自ら作っていけるんだー!と、思っています。(ニヤリ)

しかと、興味のあることを仕事にするんだから、そこで出会う人との興味が似ていたり話が合う可能性って高くないですか?つまり、趣味や考え方の似た、相性の良い人と出会えるんじゃないかとニヤリニヤリしております。

私が「ナリワイづくり」に時間を割いたとしても、それは相手にとって、趣味の対象だったりする可能性が高いので「結婚生活<ナリワイづくり」な私でも「結婚生活<夫婦二人の趣味の時間」となり、夫婦二人の趣味の時間って、もうそれって結婚生活やん!ハッピーやん!ということになるのです!(ドヤッ)

私の勝手な論理上、興味を仕事にすれば幸せな結婚ができる!

ということで!(ババーン!)

 

▼これを書いた人【ショウ子】のプロフィール

show-co.hatenablog.com

▼フォローお願いします!

Twitter:@showco_pu

Instagram:@showcom

YouTube:showcoの女子的冒険LIFE